2012年12月19日

牧のうどんでは、製麺を店でやっていて・・・

牧のうどんでは、製麺を店でやっていて、目の前でゆであがった麺を釜から取り出し器にいれ、客に出してくれる、ゆであがった麺を食べられるのがこれまたいい。博多のうどんの旨さは、だしと麺のバランスにある。

注文の時に麺の固さが選べる。釜揚げのうどんは、釜から揚げた後に麺を水で洗わないので麺がつゆをどんどん吸っていくいく、うどんつゆが減ってきたらつゆを遠慮なくもらおう、これも「牧のうどん」だ。

橙ミカンの日記のようなもの

何がみんなに人気なのかというと食べ応えあるボリュームと値段の安さにある。

牧(まき)のうどんは、博多を代表するうどん屋と言っても過言ではなくなってしまった。これを食べて文句はいえない。
posted by dp22152988 at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。